• 307

UEFA EUROユーロ2000 DVD ポルトガル vs ドイツ

Pocket

ベルギーとオランダの共催となったUEFAユーロ2000、グループリーグのポルトガル vs ドイツ戦を完全収録したDVDです。
イングランドとルーマニアに連勝してグループリーグ突破を決めたポルトガルのコエーリョ監督は
ヌーノ・ゴメス、ルイス・フィーゴ、マヌエル・ルイコスタの主力3人を休まる余裕の采配を見せます。

一方、1分1敗で3戦目を迎えた後のないドイツはCFにバイエルンのカルステン・ヤンカーを置き
中盤にはメーメット・ショル、期待の若手ダイスラー、バラックをスタメンに抜擢して決勝トーナメント進出を賭けました。

試合はどうしても勝たなければならないドイツが前半から攻撃的に出ます。
ダイスラーが何度も右サイドからクロスボールを上げ、ヤンカーはポストプレーとシュートで
ゴールをこじ開けようとしました。しかし、前半の半ばにボーデの放ったシュートがポストに嫌われると
徐々にポルトガルがドイツのゴールを脅かす展開へと変わっていきます。

そして、35分にセルジオ・コンセイソンが均衡を破るゴールを挙げます。
窮地に立たされたドイツは後半バラックに代えてパウロ・リンク、ショルに代えてヘスラーを投入しますが
両者とも全く流れを変えられず、コンセイソンに2点、3点とハットトリックを決められ惨敗しました。

これまでワールドカップやユーロで数々の好成績を収めてきたドイツ代表にとって
ユーロ2000のグループリーグ敗退という結果は屈辱的で、この試合は後の復活への分岐点となります。
若手の台頭がなく世代交代が進まないことに加えて、リベロを配置しマンツーマンで守備につく時代遅れの戦術、
フィジカルや闘争心に頼っただけのサッカーと様々な課題を突き付けられました。

大会後、ドイツサッカー協会とブンデスリーガの各クラブが一体となって育成改革が始まります。

主な出場選手
ポルトガル:ヌーノゴメス、パウレタ、コンセイソン、ソウザ、コウト、ジョルジ
ドイツ:ヤンカー、ボーデ、ショル、ヘスラー、ダイスラー、ハマン、バラック、マテウス、ノボトニー、カーン

音声:ポルトガル語
字幕:なし
収録時間:113分
状態:A-(全体的にきれいな中古品)
リージョンコード: リージョン2
映像規格:PAL

※日本のDVDプレーヤーでは再生できません。パソコンかリージョンフリーのDVDプレイヤーでお楽しみください。

販売価格(税込)
¥8,800
在庫状態
売切れ
売切れ